サラサドウダン

花弁に赤や紅色のストライプが入り、更紗模様に似ていることからサラサドウダンと呼ばれるようになりました。新緑や紅葉がとても綺麗です。

花つきをよくするには、日当たりの悪い場所、湿潤地は避けて植えてください。

 

植え付け

 

弱酸性の用土を好むので、大き目の植え穴にピートモスと完熟堆肥をすき込んで植えるといいです。時期は春2~4月か、秋11~12月が適期といえます。

 

剪定

 

6月上旬、形を整えながら刈り込めば、秋の紅葉も十分い楽しめます。

冬の落葉期には、強く刈り込むと樹形が乱れるし、花芽も落としかねないので、

できれば避けたいです。

 

殖やし方

 

気温と湿度が保てる6月上旬~中旬に、充実した新梢を鹿沼土の小粒にさします。

 

施肥

 

2~3月と9月に行います。春は根元にピートモスを敷くくらいでいいです。

9月には油粕と化成肥料の等量混合を100㌘与えます。

 

↓表をクリックすると拡大できます。

サラサドウダン

おすすめのシンボルツリーの一覧へ戻る

常緑樹木

落葉樹木

春・夏の花

秋・冬の花

各種お問い合わせはお気軽にどうぞ。8:00〜20:00 0120-171-891

メールはこちらから

施工実績

お客様の声