千日紅

〔花言〕永久に変わらぬ愛の意

 

炎天下でもめげずに茎がよく枝分かれして茂り、球状の花を咲かせまます。

 

主な開花期は夏から秋で、花色は紫紅、白、ピンク、オレンジなどがあります。

 

花びらはもたず、色づいているのは苞葉(ほうよう)と呼ばれる花の付け根に付く葉っぱです。

 

苞葉はかさかさと乾いた質感で、乾燥させても色が褪せないのでドライフラワーにも利用されます。

センニチコウは『千日紅』と書き、この花の性質に由来します。

春・夏の花の一覧へ戻る

常緑樹木

落葉樹木

秋・冬の花

おすすめのシンボルツリー

各種お問い合わせはお気軽にどうぞ。8:00〜20:00 0120-171-891

メールはこちらから

施工実績

お客様の声