ペチュニア

置き場所 は日当たりの戸外で。ガンガン日光の当るところでも大丈夫です。

 

水やり はムレに弱いので株元に水をやり、花の表面になるべく水をかけないようにすると、花の傷みが少ない。

 

水のやり方は普通に(土の表面が乾いたらたっぷりと)。

 

肥料は植えつけ時に適量の緩効性化成肥料を土に混ぜ込む。植えつけ後、株が大きくなってきたら1~2週間に一度液体肥料を与えます。

 

ただし、用量・希釈倍率は説明書をよく読み、肥料の与えすぎには注意。

 

花がら摘み 終わった花は、花の付いている細い茎の部分から切り取る(種を作らないようにして次から次へと開花させる)。「花がら」と思って「つぼみ」を切らないよう注意する、花ガラ積みをしないと次の花が咲きませんから注意

 

花後の剪定 花が咲き、茎が伸びてだら~んと、なってきたら、思いきって、根元から20cm位の所(鉢の縁にかかる程度)で切る。そこから新しい芽が出るので大丈夫。育てやすい花です

春・夏の花の一覧へ戻る

常緑樹木

落葉樹木

秋・冬の花

おすすめのシンボルツリー

各種お問い合わせはお気軽にどうぞ。8:00〜20:00 0120-171-891

メールはこちらから

施工実績

お客様の声