バーベナ

バーベナ

桜のような花がかたまって咲くことから、ビジョサクラの通称で親しまれています。花期が長いので、庭植えには好適で、秋遅くまで咲き続けることもあります。丈が伸びすぎた場合は、かなり強く刈り込んでもよく、生育期には数週間で再び花を開き始めます。

 

花つきをよくするには、肥ぎれさせないようにすると、長く咲き続けます。また、窒素分を控えることも大切なポイントです。

 

種子まき

9月下旬~10月上旬か、または3月下旬~4月下旬にまきます。種子は1時間ほど水に浸し、外皮のアクを洗い落としておきます。発芽まで3週間かかるので、用土が乾ききらないように管理してください。

 

本葉2~3枚のころ、赤玉土6、腐葉土3、乾燥牛糞1の用土を用いて。一度鉢上げするといいです。越冬させる場合は霜よけが必要です。

 

定植

秋まきは4月中旬、春まきは5月中旬に行います。30㌢の正方植えが標準的な植え方です。

 

施肥

元肥として、1平方㍍当たり、リン酸とカリ分の多い化成肥料を100㌘与えます。

 

病虫害

アブラムシとハダニに注意してください。

 

 

↓表をクリックすると拡大できます。

 

バーベナ

春・夏の花の一覧へ戻る

常緑樹木

落葉樹木

秋・冬の花

おすすめのシンボルツリー

各種お問い合わせはお気軽にどうぞ。8:00〜20:00 0120-171-891

メールはこちらから

施工実績

お客様の声