クレマチス

つる性の中でも「クレマチス」ってお花がきれいな植物のひとつですよね。

 

いろんな色の品種がでてきていて、楽しいです。
濃い紫色のクレマチスなんか、鮮やかなお花で、目に飛び込んできます・・・うちのも結構いけてますでしょ!

 

日本に野生しているカザグルマなどの仲間の品種改良などによって作られたものが、クレマチスです。和にも良く合うし、洋にも良くマッチし、根強い人気ですね!

 

支柱やトレリスなどに絡めていったりして育てていくと、たくさんのお花がいっせいに咲いた時には、しばらく見とれてしまいます。

 

苗を買って育てる場合は、鉢植えの場合は、すぐ大きめの鉢に植え替えをしてあげるようにしてくださいね。

 

クレマチスは、根っこが、十分に、はらないと、上の方へ、新芽などを伸ばしてくれませんので、庭植えの場合は、苗ではなく、ある程度まで、育てられた5号鉢以上のものを購入されると、比較的、育てやすいと思いますよ。

 

置き場所は、日当たりのよい場所を好みます。しかし、暑さは、さほど好きではありませんので、庭植えの場合は、株元は、半日陰になるような場所に植えられると良いと思います。
鉢植えの場合は、夏場の暑い時期だけ、半日陰の場所へ移動してあげましょうね。

 

庭植えする場合は、肥料をまぜた土で植え込んであげると良いです。
鉢植えの場合は、春と秋頃に、2週間に1回位のペースで、液体肥料を水のかわりにあげると元気に育ってくれます。

 

水やりは、乾燥は好みませんので、過湿にならないように、随時、水やりをしてあげます。

 

クレマチスは、挿し木でふやすことができます。そうですね!この時期、5~6月頃に、挿し木を行うのが良いです。先端部分の新しい新枝部分を挿し木してあげてくださいね。

 

クレマチスは、比較的長い間、お花を楽しめますので、トレリスなどに誘引していって、一面に花をいっせいに咲かせて楽しむことができるというのも魅力的です!

春・夏の花の一覧へ戻る

常緑樹木

落葉樹木

秋・冬の花

おすすめのシンボルツリー

各種お問い合わせはお気軽にどうぞ。8:00〜20:00 0120-171-891

メールはこちらから

施工実績

お客様の声