ハギ

ハギは日本各地の山野に広く分布している落葉性低木です。

 

高さ一~二メートル。よく株元から叢生し、小枝を出して、分枝します。枝は繊細で女性的、太さは小指大、上方は少し下垂します。

 

日本に自生するハギの種類は十数種あります。白い花をつけるシラハギ(白萩)、葉が円形のマルバハギ(丸葉萩)が知られています。
いけばなに用いるハギは、枝が長く垂れる栽培種のものがむいています。

 

春のヤマブキとともに垂れもの花材の典型とされています。

落葉樹木の一覧へ戻る

常緑樹木

春・夏の花

秋・冬の花

おすすめのシンボルツリー

各種お問い合わせはお気軽にどうぞ。8:00〜20:00 0120-171-891

メールはこちらから

施工実績

お客様の声