シュウメイギク

日本の山野にも自生していますが、これは古くに中国から渡来したものが野生化したものではないかといわれています。

 

花は夏の終わりから秋にかけて咲きます。

 

花色はピンク、白、紫などが主で

 

八重咲きのものは萼とさらに雄しべが花びらのように変化したものです。

 

地植えの場合は半日陰の湿り気のある土壌に植えていれば特に水を与える必要はありませんが植えつけ直後から根付くまでは水を与えた方がよい。

 

一度根付くと乾燥にもよく耐えます。

 

花が終わった頃に化成肥料や固形の油かすを株元から少しはなした場所に置きます(花後に施す肥料のことをお礼肥といいます)

秋・冬の花の一覧へ戻る

常緑樹木

落葉樹木

春・夏の花

おすすめのシンボルツリー

各種お問い合わせはお気軽にどうぞ。8:00〜20:00 0120-171-891

メールはこちらから

施工実績

お客様の声