庭園_蹲(つくばい)

蹲(つくばい)とは、石や壷に水を溜めて使う和風の手洗いです。和風庭園(茶庭・ちゃにわ)には欠かせないものです。

 

写真中央で水が出てくる竹製の筧(かけひ)の下に石の蹲があります。

 

蹲は手水鉢(ちょうずばち)と、その周りに半円形に配置される石があります。周りの石は役石(やくいし)と呼ばれ、それぞれに役割があります。

 

まず左側の石はその昔は提灯を置くための手燭石(てしょくいし)で、右側の石は茶の湯の湯桶を置くための湯桶石(ゆおけ)です。手前の石はその上で人がかがみこんで手を洗ったり鉢を洗ったりするための前石(まえいし)です。地元では前石のことを昔から屈石(かがみいし)とも呼ぶのですが、地域性が高いもののようです。

 

写真の施工例では、手水鉢を餅つきの臼で代用しています。蹲の裏側には、自然石を積み上げて変わった雰囲気にしました。

商品の紹介一覧ページへ戻る

各種お問い合わせはお気軽にどうぞ。8:00〜20:00 0120-171-891

メールはこちらから

お客様の声

よくあるご質問